2016/12/22 15:30:29

独学でプログラミングを勉強するとLinuxのコマンド(とか)の呼び方をこじらせる

目次(クリックするとジャンプします)
  • 1:コマンドの呼び方をこじらせたかも
  • 1.1:perl
  • 1.1.1:ぺーる
  • 1.2:PHPer
  • 1.2.1:ぱいぱー
  • 1.3:chmod
  • 1.3.1:ちょもっど
  • 1.4:chown
  • 1.4.1:ちょうん
  • 1.5:cat
  • 1.5.1:かっと
  • 1.6:rm
  • 1.6.1:りむ
  • 1.7:ls
  • 1.7.1:りす
  • 1.8:ps
  • 1.8.1:ぴーえす
  • 1.9:tail
  • 1.9.1:ている
  • 1.10:head
  • 1.10.1:へっど
  • 1.11:cp
  • 1.11.1:しーぴー
  • 1.12:mv
  • 1.12.1:むぶ
  • 1.13:tar
  • 1.13.1:たー
  • 1.14:cd
  • 1.14.1:しーでぃー
  • 1.15:ln
  • 1.15.1:りん
  • 1.16:tee
  • 1.16.1:てぃー
  • 1.17:diff
  • 1.17.1:でぃふ
  • 1.18:mkdir
  • 1.18.1:えむけーでぃり
  • 1.19:rmdir
  • 1.19.1:りむでぃり
  • 1.20:ping
  • 1.20.1:ぴんぐ
  • 1.21:sed
  • 1.21.1:せっど
  • 1.22:touch
  • 1.22.1:たっち
  • 1.23:su
  • 1.23.1:すいっち
  • 1.24:sudo
  • 1.24.1:すどー
  • 1.25:bash
  • 1.25.1:ばっしゅ
  • 1.26:zch
  • 1.26.1:ぜっしゅ
  • 1.27:fish
  • 1.27.1:ふぃっしゅ
  • 1.28:ash
  • 1.28.1:あっしゅ
  • 1.29:sh
  • 1.29.1:えすえいち
  • 1.30:pwd
  • 1.30.1:ぱわーど
  • 1.31:Emacs
  • 1.31.1:えまくす
  • 1.32:tmux
  • 1.32.1:つむっくす
  • 2:まとめ

コマンドの呼び方をこじらせたかも

@MINOは独学でプログラミングを勉強していますが、そうなると「はっきり読みがわからないコマンド等」の呼び方を先輩や後輩から聞くことができません。

なんとなく「こう呼ぶんだろうな」とわかりやすいのはいいのですが、なかには癖になってしまった呼び方もあります。

独学でプログラミング勉強するとそのへんをこじらせてしまうようです。

以下は@MINOがこじらせた呼び方です。

perl

ぺーる

一般的には「ぱーる」だそうですが、何かの本で「ぺーる」となっていたような気がしています。

それ以来ずっと「ぺーる」と呼んでしまっています。

PHPer

ぱいぱー

ぺちぱー」と呼ぶのだそうです。「ぴえいちぴーあー」だから英語っぽく(?)発音すると「ぺちぱー」になるってことなんですかね。

なんかしっくりこないんですよね。

「ぱいぱー」と呼ぶのもどうかしてますけど。

chmod

ちょもっど

chmodはChengeModeの略だそうで、そうなると「ちぇもーど」みたいな感じで呼ぶべきなんでしょうか?

でもmodってどうしても「もっど」って呼んじゃいますよね。chを「ちょ」と呼ぶのはなんか呼びやすいからです。

エヴァンゲリオンの方っぽいね。

chown

ちょうん

chmodはChengeOwnerの略だそうです。

これもchmodとほとんど同じですね。

本来は「ちぇおな」みたいになるのかな。

@MINOはどうしても「趙雲(ちょーうん)」を連想するので「ちょうん」と呼んでしまっています。

cat

かっと

ファイルを連結して表示するコマンド

Concatenateをどう略したらcatになるか教えてほしい。「こんかってねーと」みたいな感じですかね?

かっと」以外に呼び方はあるのでしょうか?

rm

りむ

ファイルを削除するコマンド。

Removeの略ですよね。これはどう考えても「りむ」にしかならない気がします。

ls

りす

ファイル・ディレクトリのリスト表示するコマンド。

Listの略なので大半の方は「りす」と呼んでいるみたいですが、なかには「れす」と呼ぶ人もいるそうです。

ps

ぴーえす

プロセスを確認するコマンド。

ずっとただのProcessの略だと思っていたのですが、Process Statusの略だそうで。

でもおそらく「ぴーえす」派が大半ではないかと。

tail

ている

ファイルの末尾を表示するコマンド。

これは疑いなく「ている」ですよね。

head

へっど

ファイルの冒頭を表示するコマンド。

これも疑いなく「へっど」ですよね。ただ一回「はーど」という呼び方をしている人も見かけました。

cp

しーぴー

ファイルをコピーするコマンド。

Copyの略なの「こぴー」と呼ぶ人も多いそうです。@MINOは「しーぴー」派です。

mv

むぶ

ファイルを移動するコマンド。

Moveの略です。「えむぶい」「むーぶ」が多いようですが、伸ばさない「むぶ」で呼ぶ人もそれなりにいそう。

tar

たー

tarって何の略かな?と調べてみたらTape Archival and Retrieval formatの略だそうですよ。

大半の方は「たー」と呼んでいるようです。「たーる」と呼ぶ人もいるようですね。

tarでまとめた塊を「tarball」といいますが、これも「たーぼーる」と呼ぶ人が多いようです。

cd

しーでぃー

ディレクトリを移動するコマンド。

Change Directoryの略ですが、「しーでぃー」以外に呼び方がわかりません。

ln

りん

リンクを作るコマンド。

Linkの略ですからそのまま「りんく」と呼ぶ人も多いようですね。もしくは「えるえぬ」派も多い模様。

tee

てぃー

標準出力のファイル書き出しをするコマンド。

Wikipediaによるとteeコマンドは何かの略ではなく、アルファベットの「T」のことなんだそうですよ。だから「てぃー」以外に呼び名はなさそうですね。

diff

でぃふ

差分表示コマンド。

Differenceだから「でぃふぁ」の方がいいのかな?

mkdir

えむけーでぃり

makedirectoryのことだと思うので、本来は「めいくでぃれ」みたいな感じなんでしょうか?

なぜかmkは「めいく」と呼ぶ気にならず「えむけー」と呼んでいます。

rmdir

りむでぃり

removedirectoryですよね?なら「りむでぃり」でも違和感ないですよね。

ディレクトリなので「でぃれ」の方がいいのでしょうか。

ping

ぴんぐ

普通「ぴん」と呼ぶそうですが、それを知ったのは「ぴんぐ」と呼びなれてからです。

HongKong(香港)みたいな感じなんですかね。

わりとエッチな響きに聞こえるのはどうしてでしょう。

sed

せっど

せど」派が多いそうです。好きなアーティストでZed(ぜっど)というのがいるので、sedも「せっど」じゃないと納得がいきません。

touch

たっち

でも「たっち」以外に読めるの?かっちゃん。

su

すいっち

ユーザ切り替えコマンド。

ずっとswitch userと信じて疑わなかったのですが、substitute userなんですって奥さん…。

「えすゆー」「すー」が多いようです。

なんか切り替えっていうイメージが出来上がってしまったので「すいっち」以外に呼ぶ気がしません。

sudo

すどー

スーパーユーザ権限コマンド。

君、須藤でしょ。

bash

ばっしゅ

シェル。

wikiでも「ばっしゅ」って書いてあるし。

zch

ぜっしゅ

シェル。

ぜっとしぇる」と呼ぶ人が多いようですが、「ぜっしゅ」の方が言いやすい気がしています。ぜっしゅばっしゅ、運慶快慶みたいな。

fish

ふぃっしゅ

シェル。

使ったこと無いのですがぜったいお魚ねらいですよねこれ。

ash

あっしゅ

シェル。

busyboxに入っているあいつですが、「あっしゅ」って読んじゃいますね。

sh

えすえいち

シェル。

これは「しゅ」って読まんのかい。

pwd

ぱわーど

Print Working Directoryの略だそうで「ぴーだぶりゅーでぃー」と呼ぶのが多いようですがっ、圧倒的に長いっっ…。

「ぱわーど」と呼ぶのが好き。

Emacs

えまくす

OS環境兼エディタ。

いーまっくす」と呼ぶのが正しいそうで。でもなんか「E」は「え」って読んじゃうんですよね…。

tmux

つむっくす

大人気ターミナルマルチプレクサ。

てぃーまっくす」と呼ぶ人が多いそうです。「つむっくす」のほうがかわいいじゃないか。

まとめ

略のコマンドがほとんどなのでどう呼んでも良い気もしますが、意思疎通ができないと困りますものね…。

できるだけ大勢の方が呼んでいる読み方に直していきたいデス…。

こじらせたコマンドの呼び方はまだいろいろアリそうですが、思い出したら追加していきます。